私達は、ご利用者様それぞれの人生の中で培ってこられた経験や知恵に敬意を払い、なじみの関係の中で、希望を失うことなく、安らぎと喜びのある自立した生活を目指したサービス提供を行い、ご利用者様から 「ありがとう」の言葉と笑顔をいただくために表紙の言葉を常に心に刻み、支援させていただきます。


入居者様が、真実願っていることに一つでも多くの明かりが灯せるよう、それぞれ思いやりをもって、家庭的なやり方で、安全でその人らしく希望を持って自立した生活が営めるよう支援いたします。

ご利用者様が、地域の行事に参加したり、買い物や散歩の機会を通じて地域の方々と交流を深めることで、住み慣れた地域で生活が継続できるよう支援いたします。ケアサービスの質の向上や地域に開かれた事業運営を確保するために、ご家族、自治会の役員、行政担当者等を中心に2ヶ月に1回運営推進会議を開催しています。
※運営推進会議とは、グループホーム内で行われている活動状況や支援状況などについて広く地域の方々に対し情報を提供することにより、適正な運営と介護保険指定事業者としての社会的役割を担うべく「認知症」に関する駆け込み寺となるべく啓蒙的役割を持つものです。